スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海への散歩(3):海に還った一滴

2007.06.27 02:22|宇気比真弓
由比ガ浜に到着。
気温まあまあ、風もちょうど良いくれぇで、穏やかな景色にほっとする。

荷物を置いて、靴を脱ぐ。
ちゃこさんの後に続いて俺も海に入った。
ひんやりとした水温や砂が足をなぶる感覚、久々で気持ちがええ。
自然と、会話は海の事が多くなる。


「チャコ、スケルトンになれなかったら、お魚になりたいです。海に還れたらいいのに…」
何を思って言ったんか。
寂しそうな声音で呟くのに一瞬息が詰まる。


「んな事言わんでも、ぜってー還れるよ」


気付けばするりと言葉が出ていた。
「空と山と海、全部どっかで繋がっとるんだでなぁ」

――いつかみぃんなあの中の一部になる。
――だから、寂しがる必要はない。

懐かしいあの人。…今頃どうしてんだろ。

「繋がって、る……みんな?ホントに還れる……ワタシ、でも?」
すとんと笑顔が抜け切った表情でこちらを見るのを、目を逸らさんで受ける。

「還れるて」
ただ頷く。


ふ、と。ちゃこさんの体が傾いだ。
やべ…!!

「うわ…!?ちゃこさん!?」
慌てて傍に寄るものの、間に合わん。
「大丈夫かや!?」
ちゃこさんの細い体が海に浸かって、濡れてしまっていた。
「……はい、着替え持ってくればよかったです…」
困ったように笑う顔はさっきと打って変わっていつもどおりで。

「今日、来てよかったです、連れてきてくれて、ありがとありがとです」
…俺の台詞に思うところがあったんだろうか。
そう思いつつ怪我は無いか聞きながら手を差し出す。
夏が近ぇゆうても風邪を引くかもしれん。
ぐっしょり濡れた制服を見ないように目は顔から上をキープ。
とりあえず何か拭くもの探さにゃ。

ちゃこさんの手をとって立ち上がると、その手はすぐに離れた。
そして。

「信じてみたい……宇気比さんのコトバ。
還れるって、サイゴに、ひとつだけ……」
言葉と共にくれた笑顔。
いつもの笑顔でのうて、今にも泣きそうな笑顔だった。
スポンサーサイト

タグ:SS

海への散歩(2):Walk on

2007.06.26 00:48|宇気比真弓
「ぶらぶら…はい、チャコで良ければ」

良かった。
乗ってくれるかなーとは思っとったけど、軽く緊張しとった自分に気付く。
あー、女の子を誘うなんて久々だわ!

そして放課後。
二人でキャンパスから出る。
「はて、どこ行くですか?」
そう言われて、午後の授業中に考えていた場所を告げた。

「由比ガ浜とか行ってみん?」
愛知から出てきて数ヶ月、一度行ってみたかったとこだがね。
海なら湘南辺りでも良かったけど、人が多すぎるし。

「ゆいがはま…海、でスか?はい、チャコ海、ダイスキです」
ちゃこさんが嬉しそうに答える。
にこぉっとした満面の笑み…けど。

「それに、ヒトは海から生まれたって、ききました。…故郷ですね」
一瞬、笑顔に陰がかかったのは気のせい…じゃにゃあよ、絶対。
その辺に何か思い出でもあるんだろか…。
でもここで聞くんははばかられた。
簡単に聞いてええ事でねぇ事は、すぐ分かったから。

…それを振り切るみてーに、どちらからともなくまた話し出す。
ゆっくりと歩きながら、海の事とか、この前のテストの事とか、寮の事とか。

海の話んとこでちゃこさんがモリを使って魚を獲っていた話になると、心底感服。
だって魚の進路を見極めて獲るん、並大抵の動体視力じゃ出来ん技だで。
自慢じゃにゃあが俺には出来ん。

俺が入っている寮の話になって、あんまりやってええ話じゃねぇ事に気付く。
好きだった使役ゴーストとお別れして間もない人にする話でねぇ。

――ちっくしょ、俺のたーけ(馬鹿)がっ!

後で今度ちゃこさんの家に遊びに行かせて貰うっちゅー話になったけども、その間中自分で自分を罵ってたんは秘密の話だ。

ちゃこさんのお師匠さんの話も聞いた。
優しいしいい人らしい。
本気でちゃこさんを叱ってくれる人だ、とも。
そういう人は滅多におらん、凄く貴重だがや。

今のちゃこさんにはええ人がついとる。
それを確認したように思う。

ついでに、隣ん人が制服マニアだっつー話も聞く。
おいおいおいと思ったけど、大丈夫そうなんでかなり安心したがね。





そうしている内に、潮風の匂いがぐっときつくなる。
道路の向こうに海が見えた。

タグ:SS

海への散歩(1):スマイル

2007.06.24 23:24|宇気比真弓
今日は、久々に隣の席にはちゃこさんがいる。
姿を見るのは江間とちゃこさんが喧嘩して以来だわ。
元気だった事にほっとして、ちょこっと痩せたように見える姿に不安になる。
前に、大丈夫なんか聞いた事がある。
そん時は

「大丈夫でスよ」

チャコ頑丈なのです、と言って笑ってた。
そう言われちゃ、ひくしかなかったけど。

そろそろ昼休みが終わって授業が始まる。
次の授業の準備をしよみゃあ、と思ったとき。
隣から、誰かを呼ぶ声が聞こえた気がした。

うなされとるんか?

頭を突つく。
「おはよう」
声をかけっと、寝ぼけた目がこちらを見た。

「…………あ、あぁ………宇気比さん、でス?」

笑ってみせるちゃこさんに、不安がまた膨れ上がった。
なぁ、ホントに大丈夫なんか?
「ダイジョウブですよ、ちょっとバイトが夜遅くて睡眠不足なので学校きても、寝ちゃうだけなのです」

でも、体と心は片方が調子を崩すともう片方もすげー影響を受けたりする。
ぶっちゃけ、どこがどう繋がって影響が出てくるか分からんし。

どうにかならんか。
何か、せめて気晴らしになる事でも。

…そうだ。

「そだ、今日バイトはいっとる?」
「今日、でスか?バイトは、お休みですが」

あぁ、それなら。

「…ちょっとその辺ぶらぶらしに行かん?」

俺にはこんくれゃあしか出来んけど。
ちゃこさんを、散歩に誘った。

タグ:SS

依頼とバトンー♪

2007.06.24 17:58|七儀唯冬
たっだいまー♪七儀・唯冬、修学旅行より帰還でーっすっ!
結社へはまた明日行く事にして、今日は依頼の感想と旅行に行く前に貰ってきたバトン回答するねっ☆

■依頼
【髪との戦い】 『MS』聖山 葵 『難易度』やや難
髪の中に鋼糸を混ぜ込んで攻撃してくる地縛霊&大鏡との戦闘依頼でしたっ!
戦闘中、ヅラである事がばれて死んだ後も恨みつらみで地縛霊と化したという事が分かったのだけど…。
僕は禿げた人の気持ちは分からないの(しみじみ/二度目)
ってゆーかこの地縛霊、ブ●ース●ィリスとかに失礼だよねっ?

【修学旅行2007~真夜中の枕投げ大会!】 『MS』聖山 葵
修学旅行のイベシナだよー、プレイング最後まで書き損なっちゃって結局あんまり出られなかったの…;
でも楽しかったなぁ、最後の戦いとか風紀委員拉致とかー♪





依頼のプレイングとバトンは「つづきを表示」からどーぞっ♪

続きを読む >>

タグ:日記 依頼 バトン

修学旅行中

2007.06.20 23:48|那智三織
今日から修学旅行で北海道へ。

実は海を渡るのは初めてなのでどきどきします。

出発して早々、凛さんを探してみたのですが見つからなかったので、代わりに七儀先輩に少しわがままを言って一日だけ一緒に回って貰いました。


色々見て回っているうちにスープカレーの美味しいお店に行きそびれて、悲しかったです。
一度食べてみたかったのですが…。
七儀先輩にも何だか申し訳ないです。
「別にまた来れば良いんだよっ♪」って笑ってくれた先輩に感謝です。

お土産に、ちょっと奮発してスワロフスキーのネックレスを買いました。
蒼と碧が光の加減で色を変えて、とても綺麗なのです。

明日こそは凛さんと一緒に回れれば良いな、と思います。
それでは、今日はお休みなさい。

タグ:日記

テスト…orz

2007.06.19 23:32|七儀唯冬
あうー、結構いけてるかと思ってたのにー、のにー!
化学と筆記…赤点でしたよと!(机だんだん

皆が言うにはみおちゃんはそこそこ、真弓ちゃんは中の下くらい、真矢キュンは点数高めの理科社会以外は並だって。

…あれ?思い切り分かりやすい赤点取ったの僕だけ…?(汗



……っ!修学旅行、僕行けなくなっちゃうのかなぁっ!?



うやぁぁ、それだけはっ!?

お土産買って帰るって言っちゃったのに!

…行きたいの…(へにょ

唯冬:へにょコン

うん、でもこの後は文化祭だし受理してもらえたイベピンとシンピンの納品が待ってるわけだしっ!
ここでへにょってたらダメだよね僕っ!

続きを読む >>

タグ:日記

おわっ、たぁ――

2007.06.19 23:14|宇気比真弓
お疲れ俺!はは、あったまいてー…。

さすがに連徹明けはきっちーわ…。

お陰で今日は教室で人の話聞き逃すわとんでもないボケっぷりかましてしもーた。

後でノート書き直さにゃ…ミミズがのたくったよーな字になっとるがや。

ダメだ、今日はもう寝るに限んな。

とりあえず、おやす………zzz。

タグ:日記

ある夜の話

2007.06.14 03:23|宇気比真弓
事の始めは本日22:00。
部屋でぐったりしとると
(今日はテスト終了後、一応学者な親父のレビューまわしの手伝い。資料をこれでもかっつー位作らされとった)
ドアがいきなり開いて真矢が顔出して。

「真弓、GT行くぞ」

今日は疲れとるもんだでパスて言おうとしたら。

「唯冬と三織待ってるから早めにな」

そんで開いたときと同じ勢いでドアが閉まった。



ちょ。



お前結局断らせる気にゃーのな。


…しかたにゃーなぁ…。
ちゃっと行きゃなんとかなっかいね?

続きを読む >>

タグ:SS

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

秋夜

Author:秋夜
ここの管理人。
本当は「みかさ しゅうや」だけど長いので略。

民俗学と日本神話とSFとミステリとアジアンなものにときめく節操なし。
無駄なトリビアを多数所持してます。

メセあります。
camellia_snow2974♪hotmail.co.jp
(♪を@に変換)
登録の際、事前に手紙にて連絡を下さい。

カテゴリ

サブカテゴリ

最近の記事

最近のコメント

リンク

四季の花時計

遊んでます。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。