スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それはささやかな喜悦と悲哀

2007.10.29 22:24|全員集合
秋夜:幽霊船掃討お疲れ様ー!そんでお帰りー!!
唯冬:みんなお帰りー!無事で良かったのー!(三織、真矢、真弓、瑞音に向けてタックル)
三織:Σうひゃう!?ただいま...なのですよ、七儀先輩。先輩も無事で何より、です(にこ)
真弓:とりあえず落ち着きて!ほーら、一旦離れ(唯冬を引き剥がし)
唯冬:むー…。今回は重傷者さん少なかったんだね、良かったー♪
真矢:それはそうだけど、その分死者が出てしまった事が悔やまれるな。
瑞音:確か、二名だったね。残念な事だよ。
秋夜:数としては少ないけど、やっぱり皆生還が一番だからね。
黙祷、しよっか。

三織:そうです、ね...。

(しばし黙祷)
スポンサーサイト

タグ:会話

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

秋夜

Author:秋夜
ここの管理人。
本当は「みかさ しゅうや」だけど長いので略。

民俗学と日本神話とSFとミステリとアジアンなものにときめく節操なし。
無駄なトリビアを多数所持してます。

メセあります。
camellia_snow2974♪hotmail.co.jp
(♪を@に変換)
登録の際、事前に手紙にて連絡を下さい。

カテゴリ

サブカテゴリ

最近の記事

最近のコメント

リンク

四季の花時計

遊んでます。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。