スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さとがえり(2):歩く災厄、捕獲される

2008.03.16 17:03|宇気比真弓
【→(1)技ありサプライズ仕掛け人!】


(人って言う字はあきらかに左の人が楽をしていると思うんだ)


電話があった数日後、沖縄の某警察署前。

「…」

「お久しぶりです、叔父さん」
「親父。言いてゃあ事は、分かっとるな?」

「うん、それじゃ!」

「待てコラァァァ!!」
.

空港で合流して警察署まで出迎えに来た真弓と真矢を見た瞬間、笑顔のまま踵を返して署内へ逃げ込もうとする真弓の父・省吾の手を真弓は掴んだ。

「HAHAHA、久しぶりだな我が息子。そして真矢坊も大きくなって…、叔父さんは嬉しい。…だから離して貰えんかな、この手」
「だったら逃げるの止めてくれるんか!?」
「逃げるに決まってる」
「余計離すかー!!」
やんわりと、だが強引に引き剥がそうとする省吾の手を、逃がすまいと真弓がまた捕らえにかかる。
その手は省吾の反対側の手で叩き落とされ、逆に捕まれる。
普段ならばこれに頭突きや蹴るなども入るのだろうが、一応警察署の前なので派手に動けない。

「いやぁ、だって真矢坊がいるって事は弓乃さんもうこの事知ってるって事だろ?苦手なんだよなー、怒ってるあの人の前に出るの」
弓乃、というのは真矢の母の事だ。
「だったら揉め事起こさん努力っちゅーもんをまっとしてちょーよ!」

「無理(はぁと)」

全力の笑顔(ただし棒読み)で断言された。
その間も、腕を引き剥がそうとしたり、手首を捕まえたりと手だけの応酬は続く。

「断言すんな!」
「だって向こうの方からやってくるなら仕方ないじゃないか」
「半分はそうかもしれんけど、もう半分は確実に自分の所為でねーか!」

白々しく答える省吾に一々ツッコむ真弓も真弓だ。
そこに初っ端からの親子喧嘩に唖然としていた真矢が、今やっと我に返った。

//

「…どうしよう」
我に返ったのはいいが、真矢はすっかり全力で置いてけぼりにされてしまっていた。
しかし、叔父を確保する側として母から受けた指示はこなさなければ。
…それに周囲の視線が痛い。
というか、こんなところで大騒ぎしていたらまた捕まりかねない。
「…叔父さん」
だが真矢が思い切って声をかけるも、当の二人には聞こえない。
どうしたら聞き届けて貰えるか。
何せ相手は叔父。そう偉そうな口を利く訳にもいかない。

眉根を寄せて、暫く考えた後、口を開いた。



「……。『省吾さん、ええ加減にしてくれへんか』
一瞬、ビシリとその場が凍った。



『…毎度毎度変な揉め事起こしよってからに…。
大学から電話来る度、何でうちが毎回謝らなあかんの、梓原の家に泥塗るんも大概にしよし。
宇気比で起こした揉め事は宇気比で解決するんが常識やろ?それともあんさん、そんなんも出来へんのんか?
…まあええわ、ちょっとこっち寄りなはれ。言いたい事がぎょーさんあるんよ。
逃げたら…今度は真矢やのうてうちが直に迎えに行きますよって、ええな?』


霜が降りた絶対零度の目。
周囲の体感温度を下げに下げてくれそうな背後のオーラ。
真矢が母の真似をしただけなのだが、後に真弓が語ったところによると、ここでご本人様が登場したかと思ったらしい。

「…という訳で、母が叔父さんに逃げずに戻って来いと言ってるのですが」
母の真似を止めた真矢が付け加えると、


「…すみません戻ります」


という言葉が二人の口からこぼれ出た。
真弓のは、気魄に押されてつい出てしまったのだろう。

「とりあえず、恥ずかしいのでここから移動したいんですが」
「あ、あぁ…そだな」
真弓が頷き、ぎくしゃくと周囲も含めた場の時間が動き出す。

「…あの親にしてこの子あり、とはよく言ったもんだ」
物凄く苦い顔で、省吾が呟いた。
スポンサーサイト

タグ:SS

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

秋夜

Author:秋夜
ここの管理人。
本当は「みかさ しゅうや」だけど長いので略。

民俗学と日本神話とSFとミステリとアジアンなものにときめく節操なし。
無駄なトリビアを多数所持してます。

メセあります。
camellia_snow2974♪hotmail.co.jp
(♪を@に変換)
登録の際、事前に手紙にて連絡を下さい。

カテゴリ

サブカテゴリ

最近の記事

最近のコメント

リンク

四季の花時計

遊んでます。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。