スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Locked→Unlocked(3):響く

2008.07.08 02:31|宇気比真弓
今、突き動かしているのは、疑問と、衝動と。


それから、
.

「浦雪、待って!」

(何で逃げるん…!)

GTの入口で浦雪が落ち着いて戻ってくるのを待ってる事も出来た。
無かった事にしてその場から立ち去る事も出来た。

でも、そんな選択ははなから頭に無く。
こうして彼女の後を追っている。


(謝ろう)
自分が何か浦雪が嫌がるようなことをしてしまったのなら、尚更。


//


「嫌や、会いとうない!」
何度このやりとりを繰り返しただろう。
降ってくる叫びの一つ一つに、足が重くなる。

(追い付きてゃあのに!)

ますます、距離が広がっていくような気がした。
焦って足が縺れそうになる。

(なんちゅー嫌なタイミングで…!)

舌打ちしたその時、何かがぶつかる音と共に、






しゃらん






かつ、こつと何かが落ちてきた。

(…ッ!)

視界に飛び込んで来たそれを踏まないようにしようとして、思いきりつんのめる。
両手を付いて、何とか頭をぶつけるのは避けられた。
ちょうど目の前にあるものに目を凝らすと、それは自分が贈ったネックレスで。


(…身につけてくれとったんか)



一瞬、嬉しいのか悲しいのか分からなくなる。



でも、重くなっていた心も足も、いつの間にか少し軽くなったような気がした。

(早く追い付かんと)


それを拾い上げて、また彼女の後を追う。

(知りたい)





(浦雪の事、もっと)



どこかで、『ピィン』と錠のピンが外れた音が一つしたような気がした。
スポンサーサイト

タグ:SS

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

秋夜

Author:秋夜
ここの管理人。
本当は「みかさ しゅうや」だけど長いので略。

民俗学と日本神話とSFとミステリとアジアンなものにときめく節操なし。
無駄なトリビアを多数所持してます。

メセあります。
camellia_snow2974♪hotmail.co.jp
(♪を@に変換)
登録の際、事前に手紙にて連絡を下さい。

カテゴリ

サブカテゴリ

最近の記事

最近のコメント

リンク

四季の花時計

遊んでます。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。